組換えヒト膜貫通活性化因子およびCAMLインターアクター/ TNFRSF13B(rHuTACI / TNFRSF13B、O14836、23495)CAS#:103-1618-1816

正式な氏名 組換えヒト膜貫通活性化因子およびCAMLインターアクター/ TNFRSF13B(rHuTACI / TNFRSF13B)
Squence 組換えヒト膜貫通活性化因子およびCAMLインターアクター/ TNFRSF13Bの配列
アミノ酸配列 MSGLGRSRRG GRSRVDQEER FPQGLWTGVA MRSCPEEQYW DPLLGTCMSC KTICNHQSQR TCAAFCRSLS CRKEQGKFYD HLLRDCISCA SICGQHPKQC AYFCENKLRS PVNLPPELRR QRSGEVENNS DNSGRYQGLE HRGSEASPAL PGLKLSADQV
同義語
受入番号 O14836
GeneID 23495
サマリー
ソース
分子量 約18.0kDa、160個のアミノ酸を含む単一の非グリコシル化ポリペプチド鎖。
生物活性 標準と比較した場合、完全に生物学的に活性です。 生物活性は、2〜1.0 ug / mlの濃度範囲を使用して、ヒトBAFFによって誘導されるT3.0B細胞の生存をブロックする能力によって決定されます。
外観 滅菌ろ過された白色の凍結乾燥(凍結乾燥)粉末。
製剤 PBS、pH0.2中の7.4um濾過濃縮溶液から凍結乾燥した。
エンドトキシン LAL法で測定した場合、1 EU / ug未満のrHuTACI / TNFRSF13B。
再構成 内容物を底に持ってくるために、このバイアルを開く前に簡単に遠心分離することをお勧めします。 0.1%BSAを含む滅菌蒸留水または水性緩衝液で0.1〜1.0 mg / mLの濃度に再構成します。 ストック溶液は、作業アリコートに配分し、-20°C以下で保存する必要があります。 適切な緩衝液でさらに希釈する必要があります。
安定性と保管 手動の霜取り冷凍庫を使用し、凍結融解サイクルの繰り返しを避けます。-受領日から12か月、供給された状態で-20〜-70°C。-1か月、再構成後の滅菌条件下で2〜8°C。-3か月、再構成後の滅菌条件下で-20〜-70°C。
リファレンス
SDS-PAGE 組換えヒト膜貫通活性化因子およびCAMLインターアクター/ TNFRSF13BのSDS-PAGE
安全データシート(SDS)ダウンロード クリックしてダウンロードする
テクニカルデータシート(TDS)のダウンロード クリックしてダウンロードする

試薬を購入

ChemWhat 14052355ug / 100ug / 500ug(SDS-PAGEおよびHPLCで> 95%)
試薬サプライヤーはありませんか? クイックお問い合わせ先 ChemWhat
試薬サプライヤーとしてここにリストされたいですか? (有料サービス) お問い合わせはこちら ChemWhat

承認された製造業者

承認されたメーカーとしてリストされたいですか(無料サービスですが、承認が必要です)? ダウンロードして記入してください - に送り返します [メール保護]

より多くのサプライヤー

Watson International Limited ワトソンに簡単な問い合わせを送る
ここにサプライヤーとしてリストされたいですか? (有料サービス) お問い合わせはこちら ChemWhat

その他のヘルプについてはお問い合わせください

技術移転、総合文献、調達、広告などの他のサービスについては、お問い合わせください。 お問い合わせはこちら ChemWhat