組換えヒト間質細胞由来因子-1 α/CXCL12 α (rHuSDF-1α/CXCL12 α、P48061、6387) CAS#: 201-121-1816; ChemWhat コー​​ド:1404268

正式な氏名 組換えヒト間質細胞由来因子-1アルファ/ CXCL12アルファ(rHuSDF-1alpha / CXCL12alpha)
シーケンス 組換えヒト間質細胞由来因子-1アルファ/ CXCL12アルファの配列
アミノ酸配列 KPVSLSYRCP CRFFESHVAR ANVKHLKILN TPNCALQIVA RLKNNNRQVC IDPKLKWIQE YLEKALNK
同義語 SDF-1アルファ、hSDF-1アルファ、IRH、hIRH、PBSF
受入番号 P48061
遺伝子ID 6387
まとめ SDF-12としても知られるCXCL1は、CXCケモカインファミリーに属しています。 それはCXCL12遺伝子によってコードされています。 最近の研究では、Human CXCL12は、C末端テールのみが異なる1つのアイソフォームとして発現しています。 そして、すべてのSDF-1アイソフォームは、最初の1つのN末端アミノ酸のタンパク質分解プロセシングを受けます。 正規配列SDF-4βとは対照的に、SDF-4alphaはC末端テールで12アミノ酸短くなっています。 細胞表面では、このケモカインの受容体はCXCR12とシンデカンXNUMXです。 CXCLXNUMXは、Tリンパ球、単球に対して強力な走化性を示しますが、好中球に対しては強力な走化性を示しません。 CXCLXNUMXは、発癌および腫瘍の進行に関連する血管新生において非常に重要な因子です。
ソース Escherichiacoli。
分子量 約8.0kDa、68個のアミノ酸を含む単一の非グリコシル化ポリペプチド鎖。
生物活性 標準と比較した場合、完全に生物学的に活性です。 PHAおよびrHuIL-2で活性化されたヒト末梢血Tリンパ球を使用した走化性バイオアッセイによって決定された生物活性は、20〜80 ng / mlの濃度範囲にあります。
外観 滅菌濾過された白色の凍結乾燥(凍結乾燥)粉末。
製剤 0.2 mM PB pH 20、7.0 mMNaCl中の130umろ過濃縮溶液から凍結乾燥しました。
エンドトキシン LAL法で測定した場合、1 EU / ug未満のrHuSDF-1α/CXCL12α。
再構成 内容物を底に持ってくるために、このバイアルを開く前に簡単に遠心分離することをお勧めします。 0.1%BSAを含む滅菌蒸留水または水性緩衝液で0.1〜1.0 mg / mLの濃度に再構成します。 ストック溶液は、作業アリコートに配分し、-20°C以下で保存する必要があります。 適切な緩衝液でさらに希釈する必要があります。
安定性と保管 手動の霜取り冷凍庫を使用し、凍結融解サイクルの繰り返しを避けます。-受領日から12か月、供給された状態で-20〜-70°C。-1か月、再構成後の滅菌条件下で2〜8°C。-3か月、再構成後の滅菌条件下で-20〜-70°C。
参考文献
SDS-PAGE 組換えヒト間質細胞由来因子-1アルファ/ CXCL12アルファのSDS-PAGE
安全データシート(SDS)ダウンロード クリックしてダウンロードする
テクニカルデータシート(TDS)のダウンロード クリックしてダウンロードする

試薬を購入

ChemWhat 140426810ug / 100ug / 500ug(SDS-PAGEおよびHPLCで> 97%)
試薬サプライヤーはありませんか? クイックお問い合わせ先 ChemWhat
試薬サプライヤーとしてここにリストされたいですか? (有料サービス) お問い合わせはこちら ChemWhat

承認された製造業者

承認された製造業者として掲載されたいですか (承認が必要です)? ダウンロードして記入してください - に送り返します [メール保護]

その他のヘルプについてはお問い合わせください

その他の情報やサービスについてはお問い合わせください お問い合わせはこちら ChemWhat