組換えヒト幹細胞因子 (rHuSCF、P21583、4254) CAS#: 102-01-1816; ChemWhat コー​​ド:1404537

正式な氏名 組換えヒト幹細胞因子(rHuSCF)
シーケンス 組換えヒト幹細胞因子の配列
アミノ酸配列 EGICRNRVTN NVKDVTKLVA NLPKDYMITL KYVPGMDVLP SHCWISEMVV QLSDSLTDLL DKFSNISEGL SNYSIIDKLV NIVDDLVECV KENSKDLKK SFKSPEPRLF TPEEFFRIFN RSIDAFKDFV VASETSDCVV SSTLSPEKDS RVSVTKPFML PPVA
同義語 造血成長因子KL、MGF、SCF
受入番号 P21583
遺伝子ID 4254
まとめ c-Kit受容体に結合する幹細胞因子(SCF)は、線維芽細胞と内皮細胞によって産生されます。 タンパク質の可溶性および膜貫通型は、同じRNA転写物の選択的スプライシングによって形成され、正常な造血機能には可溶性および膜貫通型SCFの両方の存在が必要です。 SCFは、造血、精子形成、およびメラニン形成において重要な役割を果たします。 また、マスト細胞の接着、移動、増殖、および生存を促進します。 ヒトSCFは、イヌ、ネコ、マウス、およびラットのSCFと79%〜87%の配列同一性を共有します。 さらに、ヒトSCFはマウス細胞に対して弱い活性を示します。
ソース Escherichiacoli。
分子量 約18.5kDa、164個のアミノ酸を含む単一の非グリコシル化ポリペプチド鎖。
生物活性 標準と比較した場合、完全に生物学的に活性です。 ヒトTF-50細胞を使用した細胞増殖アッセイで測定されたED1は、2 ng / ml未満であり、比放射能> 5.0×105IU / mgに相当します。
外観 滅菌濾過された白色の凍結乾燥(凍結乾燥)粉末。
製剤 PBS、pH0.2中の7.4um濾過濃縮溶液から凍結乾燥した。
エンドトキシン LAL法で測定した場合、1 EU / ug未満のrHuSCF。
再構成 内容物を底に持ってくるために、このバイアルを開く前に簡単に遠心分離することをお勧めします。 0.1%BSAを含む滅菌蒸留水または水性緩衝液で0.1〜1.0 mg / mLの濃度に再構成します。 ストック溶液は、作業アリコートに配分し、-20°C以下で保存する必要があります。 適切な緩衝液でさらに希釈する必要があります。
安定性と保管 手動の霜取り冷凍庫を使用し、凍結融解サイクルの繰り返しを避けます。-受領日から12か月、供給された状態で-20〜-70°C。-1か月、再構成後の滅菌条件下で2〜8°C。-3か月、再構成後の滅菌条件下で-20〜-70°C。
参考文献
SDS-PAGE 組換えヒト幹細胞因子のSDS-PAGE
安全データシート(SDS)ダウンロード クリックしてダウンロードする
テクニカルデータシート(TDS)のダウンロード クリックしてダウンロードする

試薬を購入

ChemWhat 140453710ug / 100ug / 500ug(SDS-PAGEおよびHPLCで> 97%)
試薬サプライヤーはありませんか? クイックお問い合わせ先 ChemWhat
試薬サプライヤーとしてここにリストされたいですか? (有料サービス) お問い合わせはこちら ChemWhat

承認された製造業者

承認された製造業者として掲載されたいですか (承認が必要です)? ダウンロードして記入してください - に送り返します [メール保護]

その他のヘルプについてはお問い合わせください

その他の情報やサービスについてはお問い合わせください お問い合わせはこちら ChemWhat